スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

0.1リットルの涙

当たり前の事が当たり前じゃないって事、誰にもあるんだろうな。
でもそれを感じないで生きている人もいるんだろうな。

この言い回し、自分の言いたい事が伝わるかなぁ?

最近2日間位だったかな、体のだるさが少しはあるものの
体がか~るく感じる時間があったんですよ!

僕にとっては何年振りかな…確か6~7年前にもあったかな…
って感じです。

ひっそりと、ジワジワ~っと自分の中で幸せを感じていました。
ほんとに小さな幸せの様な、とてつもなく大きな幸せの様な。
様な、ではなく間違いなく大きな幸せです。

でも、幸せはなかなか続かないのです。
何でなんだろう…

なぜ、こんなにいろんな症状に苦しまなくてはならないのだろう。
14年前に病気になって以来、医者泣かせの患者でした。
わがままな患者という訳ではありませんよ…

自分で言うのも何なんですが、耐えて耐えて耐え抜きました。
もう僕の中には、耐える容量が少なくなっている気がします。

相変わらずの医者泣かせの患者。

病院の帰りはいつもと違う道を通ろうと、
車の少ない景色の良い道を選んで帰りました。

なぜだか分からないけど、涙があふれてきました。
痛みや苦しさは今までの方がはるかに辛いものだったのに。

涙が止まりませんでした。
いったい、自分が何を思って泣いているんだろう?
辛いのかなぁ?
辛いのなら、何に辛いのかなぁ?

もういいや!
考えるのはやめた!
泣きたいんだろうから、自分を泣かせとけ!
車の中だから、誰に見られる訳でもないし。。。






【2007/09/22 00:21】 | ■DIALY | COMMENT(0) | page top↑
<<世間は3連休 | ホーム | >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。