スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

中東の笛

最近ハンドボールのニュースがよくながれてますね。

僕も高校の時にハンドボールをやっていたんです。

チームの全員が初心者でゼロからのスタート。

なのに、最初からインターハイ出場が目標(自分だけ??)。

授業中もノートでフォーメーションを考えたり、頭の中でイメージしたり。

おかげで、自分達の代は全ての県大会で決勝進出。

1度は優勝したものの、インターハイ予選ではなかったんです。

そのインターハイ予選決勝では、緊迫したシーソーゲームだったんだけど、

なぜかうちのチームばかりイエローカードやレッドカードを出され、退場者も続出。

僕も2度退場したっけな。(ハンドボールでは2分間退場したらコートに戻れるんです)

だからフィールドプレイヤーの数が4人対6人になったことが何度かあって、思いっきり不利な状態が続いてたんです。

だけど、試合の結果は1点差の負け。

悔し泣きってこの時だけだろうな。

監督は猛烈に抗議してたけど、もちろん受け入れられず。


これって、今ニュースで耳にする『中東の笛』??


今でも悔しいけど、素人集団がここまでやった事に対しては誇りを持ってるし、あんなに熱くなれた機会を持てたのも良かったと思う。

予想外だったんだけど、国体選抜にも選ばれビックリ。

嬉しかったし、自信にもつながったと思います。


高校入学の時、同じ高校だった兄貴にハンドボール部だけは厳しすぎるでやめとけって言われたっけな。

その時、『じゃあ入ろう』って思えられて良かったなぁ。。。




【2008/01/27 11:07】 | ■DIALY | COMMENT(0) | page top↑
<<ウォールナットのセンターテーブル | ホーム | おやじの楽しみ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。